日焼けした後どうするかで肌は違ってきます!アフターケアは正しく

いきなり美白化粧品を使っても効果なし

美白・美肌を心がけている人にとって、日焼けしてしまうことは絶対にやっちゃいけないことですが、ついうっかりということもありますよね。

肌色を戻したい、シミになるのは許せないと、いきなり美白化粧品を使ってしまう人もいますが、それは正しいケアではありません。

日焼け後の肌のケアは、順序を守って正しく行ってこそ効果があるというものです。

まず冷やそう!とにかく冷やそう日焼け当日

日焼けした当日は、黒いというよりも真っ赤になってヒリヒリし、ほてりを感じることも多いでしょう。

これは炎症を起こしている証拠で、火傷と同じようにとにかく冷やす必要があります。

冷やさないで放置すると、炎症はますますひどくなり水ぶくれができてしまうことも。すぐにではありませんが、後々シミが生まれる原因にもなります。

冷たいシャワーをかけたり、氷水に浸したタオルや氷水を入れたポリ袋などを肌に当てましょう。保冷剤をタオルに包んで当てても良いですね。

ほてりが治まったところでしっかりと保湿

肌を十分冷やしてほてりが治まったら、次は保湿しましょう。日焼けすると肌は乾燥しがちになり、ガサガサしてターンオーバーも乱れがちになります。

保湿は刺激の少ない化粧水を使いますが、普段よりも肌がデリケートなのでいつも使っている化粧水でも、一応少なめにつけて様子をみてから使うようにしましょう。

この時点で美白成分が配合された化粧品を使うと、刺激が強くトラブルを起こすこともあるので注意してください。

美容成分よりも保湿効果に重点を置き選びましょう。

保湿のための化粧水のあとは「フタ」を!

化粧水をたっぷり使い保湿しても、そのままでは水分が逃げてしまいます。乳液やクリームでフタをし、水分が逃げないようにしましょう。

さらに保湿したい場合は、乳液やクリームを使った後にワセリンを塗り、ラップで覆って5分程度おきます。

このラップで覆っている時に、さらに肌を冷やすためラップの上から冷やしたタオルやタオルで包んだ保冷材などを当てても良いでしょう。

最初のケアが終了、その後に注意する点とは

日焼け当日のケアが終わっても、まだ数日は油断できません。皮むけが始まってくることがありますが、無理に取ろうとしては行けません。

また、しばらくはデリケートな状態が続きますから、再び日焼けしないよう対策をしましょう。紫外線が強い時間帯は外出しない、帽子や日傘、長袖などでガードする、日焼け止めは刺激の弱いものを様子をみて使うようにしましょう。

もし、肌の状態が悪くかゆみが出たり皮むけがひどい時には病院で診察してもらいましょう。

体の内側のケアも大切ですから、肌を回復させるビタミンC、ビタミンA、ビタミンEなどを積極的に摂りましょう。