2015/08/19 23:49:19 |
美白・美肌を心がけている人にとって、日焼けしてしまうことは絶対にやっちゃいけないことですが、ついうっかりということもありますよね。肌色を戻したい、シミになるのは許せないと、いきなり美白化粧品を使ってしまう人もいますが、それは正しいケアではありません。日焼け後の肌のケアは、順序を守って正しく行ってこそ効果があるというものです。まず冷やそう!とにかく冷やそう日焼け当日日焼けした当日は、黒いというよりも真っ赤になってヒリヒリし、ほてりを感じることも多いでしょう。これは炎症を起こしている証拠で、火傷と同じようにとにかく冷やす必要があります。冷やさないで放置すると、炎症はますますひどくなり水ぶくれができ...
2015/08/19 23:48:19 |
人工的に日焼けするための日焼けサロン、美白美白といわれる時代になっても黒くなるために通っている人も少なくないようですね。通うのは男性の方が多いといいますが、女性であっても全身小麦色に焼きたいと通っている人も。でも、日焼けって体に良くない影響があるといいます。日光による紫外線で肌を焼くとヒリヒリしたりほてったりすることがありますが、日焼けサロンではそのようなことはないし、安全なのでしょうか?日焼けサロンで使われている紫外線とは?日焼けサロンで使われている専用のマシンは、UV蛍光管を使い紫外線を照射することでメラノサイトに刺激を与えます。日光による紫外線だと、UV-B(紫外線B波)の影響で赤くなっ...
2015/08/19 23:48:19 |
焼くつもりがなかったのに日焼けしてしまった、早く元に戻したいと思ったことはありませんか?日焼けの仕方は個人差があります。赤くなるだけで黒くはならず非常に刺激を感じヒリヒリするタイプ、赤くならずにすぐ黒くなるタイプ、あまりヒリヒリはしないけど黒いタイプなど様々です。そして、日焼けした肌が元の色に戻る早さにも個人差があり、いつまでたっても戻らずに黒いままで悩む人も多いようです。肌色を早く元に戻すには、どうすればいいのでしょうか。色白の人は普通肌の人よりもダメージを受けやすい色白の人の場合、赤くなって黒くはならないという人が多いのではないでしょうか。色白なのは生まれつきメラニン色素が少なく、紫外線を...
2015/08/19 23:47:19 |
その昔、小学校や幼稚園では夏休みが終わると、誰が一番日焼けして「黒いか」を競うコンテストみたいな行事がありました。夏は子供が外で活発に遊ぶ季節、これだけ黒くなるほど活動したんだよというのを自慢し先生に褒めてもらうという、今思えば不思議なコンテストでしたね。いつの頃からか、日焼けをするのは危険だといわれるようになりました。紫外線を直接浴びることで、皮膚がんになる可能性が高くなるといわれ始めてからは、子供も日焼けを自慢することがなくなったのかもしれません。紫外線は蓄積されて肌の老化がどんどん進んでしまう大人の場合、シミや乾燥などの肌トラブルが怖いから紫外線対策をしますよね。でも子供はどうでしょうか...
2015/08/19 23:46:19 |
最近では赤ちゃんを外でお散歩させせるのに、ママと同じように紫外線対策をしっかり行うことも多くなりましたよね。昔は赤ちゃんを育てる時には積極的に日光に当てましょうと、裸にして屋外に出したりしたものですが、今は紫外線の悪影響も分かってきましたし母子手帳から「日光浴」の文字も消えてしまったんだそうです。でも、実は紫外線にも良い点がありまったく浴びないのは問題があるんです。それは紫外線にビタミンDを作る働きがあるから。ビタミンDは摂取したカルシウムを骨に取り込む時に必要な栄養素で、不足すると脚などの骨が曲がってしまう「くる病」にかかってしまうこともあります。適度に紫外線を浴びるための紫外線対策を骨の健...
2015/08/19 23:45:19 |
年齢を重ねることで目立ってくる肌の衰え、老化しているのが一番わかる部位といえばやっぱり顔?と思うかもしれませんね。でも意外なことに、顔よりも手の甲に年齢が表れてしまうのだそうです。手の甲のなにが年齢を感じさせるのか、それはシミです。体の他の部分にはシミなんてないのに、なぜか手の甲だけがシミだらけだと感じている人も多いといいます。シミだけでなくシワも目立つことが多く、それらが紫外線の影響だというのなら、やっぱり対策が必要でしょう。顔よりも手の甲の方が紫外線を浴びやすい顔は普通の状態だと太陽光に対して向きが垂直ですよね。しかし手の甲は太陽光をしっかりと受けとめるような角度になるので、顔よりも紫外線...
2015/08/19 23:45:19 |
肌が露出していて紫外線を浴びれば日焼けしてしまうもの、それが唇であってもです。唇が黒くなったことなんかないんだけど、と思うかもしれません。でも日差しの強い季節に唇がガサガサに乾燥したり、ひび割れたり腫れたりしたことがあるのなら、それは日焼けによる炎症の可能性があります。人によってはシミになってしまうこともあり、やっぱり紫外線対策をしなければならない部分だといえるでしょう。唇を日焼けから守るための紫外線対策とは?唇に普通の肌に付ける日焼け止めを塗っても構わないのですが、日焼け止めには肌に刺激を与える成分も配合されています。個人差はありますが、肌が敏感な人ならそういった日焼け止めは使わず、唇専用の...
2015/08/19 23:44:19 |
紫外線対策は顔のみ、という人も少なくないようですね。日焼け止め、UVカット効果のある化粧下地やファンデーションなどを使い、帽子や日傘でガードして顔の美白には気を使っていることでしょう。でも、紫外線対策は顔のみでは十分とはいえません。一年を通して服に隠れている部分ならそれほど心配いりませんが、胸元や腕、足なども顔と同じように紫外線を浴びやすく、日焼けしやすい部分だといえるでしょう。いつの間にかこんな恥ずかしい焼け方に?なんて後悔しないよう、紫外線対策は抜かりなく行いましょう。胸元の開いた服を着る時は対策もしっかりと気温が高くなると胸元の開いた服を着る機会も多いですよね。露出していれば顔と同様に日...
2015/08/19 23:43:19 |
完璧な紫外線対策をしたいなら、日中は室内にこもり太陽の光が差し込む窓ににも近寄らないこと!なのですが、一般的な生活をしている人には無理ですよね。可能な限り紫外線を防ぐには、日焼け止めを使ったり日傘やサングラスを利用することも効果があります。美容目的だけでなく、皮膚がんになるのを防いだり目の健康を守る目的でも日傘やサングラスを上手に使いましょう。上半身のほとんどを紫外線から守ってくれる日傘一昔前までは、中年以降のおばさま達が使うものだった日傘。最近では美白・美肌をキープしようとする若い女性の間でも普通に使われるようになったようですね。それでもやっぱり使うのはある程度の年齢になった女性だけで、子供...
2015/08/19 23:42:19 |
日焼け止め、いろいろな種類が出回っていますがどれにするか迷ったことはありませんか?選ぶ時どこを見るか、多くの人は「SPF」や「PA」の数値を見て判断しているのではないでしょうか。SPFの数値が高ければそれだけ日焼け止め効果があるということで、PAの「+」の数も多ければより効果が高いということになっています。だとすれば、より数値が高く「+」の数が多い方が良いと思ってしまうかもしれません。でも、肌のためにはそれだけで判断せず、もっと慎重に選ぶ必要があります。日焼け止めは適切に使い分ける日焼け止めは、使う時の状況や使う部分によって使い分けた方が良いんです。実は日焼け止めの成分は肌に刺激を与える成分も...